タップで通話が開始します

ビルトインコンロの交換時期について

ガスコンロの耐用年数は約10年

一般家庭用ビルトインガスコンロの耐用年数は、約10年です。

10年を超えると保守部品の生産が終了しているため修理ができず、また安全のためにも交換が推奨されます。

しかし、ガスコンロは消耗品ですので実際の寿命は環境や使用頻度などの影響があることを考慮しなければなりません。

10年まで問題なく使えていたのであれば良いですが、8年を超えて故障した場合には修理してもすぐに寿命となるため買い替えがおすすめです。

故障や寿命のサイン

ビルトインコンロに以下のような症状が現れたら、故障のサインとなります。

長年使用して劣化したコンロの内部
  • バーナーから出る炎の大きさや色が均等でない
  • 点火しにくい、火が弱く調節もできない
  • 火が勝手に消えてしまう
  • 鍋やフライパンの底にススが付着して黒く汚れる
  • 操作パネルにエラーが表示される
  • ガスくさいニオイがする
  • 着火音に違和感がある、火の使用中に異音がある
  • 長期間の使用で汚れが取れない、本体がグラグラする

特に炎の色が赤やオレンジ色になる場合は不完全燃焼が起きており大変危険です。

放置すると一酸化炭素中毒になる恐れがありますので、バーナーキャップの清掃で症状が改善されない場合はすぐに使用を中止してください。

調子が悪いガスコンロは早めの交換がおすすめ

古くなり調子が悪くなったガスコンロを無理やり使い続けるということは、ただ不便なだけでなく事故に繋がる可能性もあり大変危険です。

ガスと火を使うため安全性には十分配慮された設計ですが、年数とともに部品は劣化が進んで損傷します。

まずはメーカーに問い合わせを

万が一ガス漏れが発生すると、一酸化炭素中毒や、引火して火災に繋がるなど命に関わる事故を誘発しかねません。

経年劣化による点火スイッチほか部品の消耗、吹きこぼしによるガス噴出口の詰まり、機器内部から異常な煙の発生、異音や異臭などがありましたら、まずはメーカーに依頼して修理点検をしてもらいましょう。

該当機器の修理が出来ず使用できない状況でしたら、買い替えとなります。

古くなったビルトインガスコンロを交換

ビルトインコンロの交換はガスコテックにおまかせ

使用期間が10年を過ぎている、経年劣化により修理が不可能となったビルトインコンロの買い替えをお考えなら、ガスコテックが格安価格で交換工事をご案内いたします。

取り扱いはノーリツやリンナイやパロマが中心となっており、パナソニック(ナショナル・松下電器産業)やTOTO、ハーマンやリクシルといったメーカーからの交換もお得な値段となっております。

作業担当は有資格のベテラン技術者のみで構成されており、都市ガス・プロパンガスの両方に対応可能。

天板サイズのアップやダウンを考えている、ホーロートップからガラストップ天板に変更したい、高齢の家族がいるので操作が簡単で安全機能が充実したコンロに交換してほしい、なるべく安く早くコンロを取り換えたい等、ご希望やご予算に合わせたプランを提案させて頂きます。

ご依頼は365日年中無休で承っておりますので、年末年始や休祝日などの緊急工事にも最速対応。

長く安全にビルトインコンロをお使いいただけるよう、プロによる丁寧かつ品質の高い安心工事とサービスをご提供いたします。

簡単なお手入れで不具合を解決できることも

バーナーリングの掃除でコンロの不具合を解決

ビルトインコンロに故障や寿命の症状が現れた場合、使用年数が古いと多くの場合では交換が必要です。

しかし、使用年数が浅い時点で発生した不具合なら、簡単なお手入れ等で元通り使えるようになる可能性があります。

よくあるトラブルとしては、電池切れ、ガス栓が閉まっていた、吹きこぼし等の汚れで安全装置のセンサーが誤作動を起こしたなどが挙げられます。

乾電池の交換やガス栓の開栓、掃除などをすることで正常どおり使えるかもしれません。

ガスコンロの調子が悪くなったら、まずは出来る範囲でお手入れをしてみましょう。

修理と交換、どちらがお得?

ビルトインコンロの修理と交換はどちらが良いか

買い替えてから年数が浅いのに故障トラブルが発生したなど、メーカー保証範囲内の時期であれば修理がおすすめです。

しかし購入から8年以上経過している場合では、複数個所で不具合が起きている可能性があるため、修理後にまた別の不具合が発生しやすく修理費用がかさむ恐れがあります。

特に古いビルトインコンロは修理に必要な部品が高額となるケースも少なくありません。

思い切って買い替えた方が、結果的に費用を抑えることができる可能性が高いのです。

コンロを使用した期間や、故障内容と修理にかかる費用などを考慮して交換か修理するかを決定しましょう。

修理は原則メーカーに依頼することをおすすめします

ビルトインコンロに組み込まれている内部部品のうち主要となるものは一般には流通しておらず、メーカーまたはメーカーが指定する修理担当者のみが取り扱っています。

一般業者が修理できる部品はホームセンター等で入手できる物に限られているため根本的な解決にならないことが多く、出張費や診断料金もかかるため注意が必要です。

※ガスコテックでも交換対応のみとなっております。

2008年(平成20年)以前のコンロは早めの買い替えを!

安心機能の搭載を示すSiセンサーマーク

2008年4月以降、一般家庭用のガスコンロには「Siセンサー」の搭載が標準化されました。

Siセンサーには法律で義務付けられている安全装置をはじめ、火の消し忘れや吹きこぼしで自動消火する機能などが備わっています。

鍋底の温度を検知して異常高温を検知したら、自動で火力を調節します。

Siセンサーの標準化以前はガスコンロからの出火が原因による火事が多くみられましたが、標準化以降の火災件数は減少傾向にあります。

ガスコンロの交換時期である10年を超過していることに加え、安全にお使いいただくためにも2008年以前のコンロをお使いでしたら早めの買い替えをご検討ください。

Siセンサーに搭載されている代表的な機能
  • 調理油過熱防止装置
  • 立ち消え安全装置
  • 早切れ防止装置
  • コンロの消し忘れ自動消火
  • グリルの消し忘れ自動消火
  • 鍋底温度検知で焦げ付き防止

ビルトインコンロの交換を電話で依頼する

メールでのご依頼やご相談

ガスコテックのビルトインコンロ交換が安心な6つの理由

  • 年中無休、最短即日工事に対応
  • 出張費、見積り料、ご相談が無料
  • クレジットカード払い、ローン決済に対応
  • 有資格のプロがビルトインコンロの交換や取り付けを担当
  • 選べる年数の商品保証が低価格でご利用いただけます
  • 10年間有効の工事保証が無料